平和の色    ヨハネによる福音書 20章24節~29節

 

8月は戦争や平和、いのちについて考える時です。最近、昔の白黒映像がカラーになって見ることができる技術が発達して、戦争当時の白黒映像もカラー映像になって見ることができたりします。カラーになった映像を見ると遠い昔の自分には関係の無いような出来事であった戦争が身近な出来事のような気がします。テレビで放送された番組の中で、画家の香月泰男さんという方が描かれた絵についての話がありました。香月泰男さんは、美術学校を卒業した後、美術の先生をしていましたが、1942年に召集を受けて、満州で終戦を迎え、その後ソ連に抑留されて、シベリアで強制労働をさせられ、1947年に引き揚げて来られたという方です。香月さんが描かれた絵には、中国からシベリヤへ向かう鉄道の線路脇にうち捨てられていた日本人の屍体が描かれています。生皮を剥がされて、筋肉の赤いスジが全身に走った赤い屍体。人体解剖図そのままの姿にされた人の屍体です。憎悪に駆られた中国人に殺されたに違いないと香月さんは述べています。そして、日本に帰って来てから見た広島の原爆で真黒焦げになって転がっている屍体の写真と比べて、黒い屍体によって日本人は戦争の被害者意識を持つことができたが、私にはまだどうもよくわからない。あの赤い屍体についてどう語ればいいのだろうと言っています。
復活したイエスの体には傷が残っていました。蘇りの神の体に傷跡などは無くても良さそうなものです。でもその自分の傷跡をイエスは疑うトマスに見せて「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい」と声をかけました。そしてトマスは疑う者ではなく信じる者に変えさせられたのでした。このイエスの傷も赤かったでしょう。血のついた赤い傷でした。本当は弟子達が見るのは、血まみれになった赤い死体のイエスであったはずです。赤い死体であるはずのイエスは、しかし、死から甦り、そして今、弟子達の真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言って、体の傷を見せたのです。イエスを裏切った弟子達にとっては、その傷は見たくなかった傷です。自分達がつけた傷です。自分達が為した罪の結果の傷です。自分の過去や罪は消せません。しかし見たくない傷を直視する。それができる勇気は悔い改めによって神に赦されるという希望の信仰しかありません。トマスは自分が犯した罪、自分の過去に真摯に向き合った人間です。自分の行いの結果によるイエスの釘跡とわき腹の傷を忘れなかった人です。しかしトマスが知らなかったのは、人の行いの罪は信仰において神によって赦されるということでした。
自らが悔い改めて赦された者が、勇気を持って、自らの罪の結果の傷を直視できるのです。そして、その赦しの神との信頼関係において、新しい者に変えられて、未来に向かって歩んで行くことができるのです。鍵をかけて家の中で閉じ籠もっていた弟子達は、イエスが彼らの前に現れ、声をかけてもらったことにより「わたしの主、わたしの神よ」とイエスを救い主として、平和を与えられた者として、再び家を出て世の平和のために遣わされていったのです。
香月さんの絵は語ります。赤い屍体の責任は誰がどうとればよいのか。再び赤い屍体を生み出さないためには私達はどうすればよいのか。戦争の本質の理解は、戦争を二度と繰り返さないためには。戦争への深い洞察は、黒い屍体からではなく、赤い屍体から考えなければならない。
私達も悔い改め、そして、赦され、力与えられて、イエスの「あなたがたに平和があるように」と言う言葉に応えられる歩みができることを願いたいと思います。

2016年09月10日